人間の本質を描いた傑作漫画「こぐまレンサ」の感想【ネタバレなし】

こぐまレンサ1

こぐまレンサの概要

こぐまレンサは、週刊ヤングマガジンで2003〜2004年にかけて連載されたロクニシコージによる漫画作品です。

2巻完結の単行本としても発売され、その後に1冊にまとめられた完全版が発売されました。

完全版と言っても「1冊にまとめられた」という意味での完全であり、内容が異なるわけではありません。(少し紛らわしいですね)

こぐまレンサのあらすじと感想

こぐまレンサ2

物語りの前半は、売れない作家の有作によって召喚された謎の少女こぐま(主人公)を中心に、様々な人物の群像劇として進んで行きます。

半分ほど読み終えるまでは、1話だけでも読めるオムニバス作品としても読めます。

しかし、後半から急に衝撃的な展開に入っていきます。

全く関連していないと思われた前半に登場していた人物たちが連鎖していき、伏線が回収されていきます。

こぐまの出生の秘密や、人間の光と闇が本質的に描かれたりと、どんどん空気が変わっていきます。

絵に関して、いわゆる技巧派ではないですが、この内容を伝えるためにこれ以上ないタッチで描かれています。

ストーリーの構成、人間描写の豊かさ、読者に投げかけるメッセージなどなど、色んな面で非常にクオリティの高い傑作漫画です。

Sponsored Link

こぐまレンサの名言・名場面

人間描写が非常に豊かで、心に突き刺さる、魂を揺さぶられる名言や名場面がたくさんあります。

こぐまレンサ3

こぐまレンサ4

作者のロクニシコージについて

作者のロクニシコージですが、作品は「こぐまレンサ」と、その前に書いた「すべてに射矢ガール」しかありません。

もう15年くらい、漫画を世に公開していないことになります。

しかも、これほどの名作を生み出した後の沈黙は気になりますし、次の作品を期待せずにはいられません。

ロクニシコージの活動を気にする声は今も絶えることはありません。

Sponsored Link

こぐまレンサに対するみんなの感想

カテゴリ - 書評

関連トピックス

聖書の女たちから現代の女たちへ1

「聖書の女たちから現代の女たちへ」の概要とレビュー

概要 「聖書の女たちから現代の女たちへ」は2017年に出版されました。 著者のキャロリン・愛子・ホーランドさんは、聖書講義や子育てコミュニケーションについて活動されている方です。 聖書が難解で理解でき …

悪魔を出し抜け1

ナポレオン・ヒル「悪魔を出し抜け!」の概要と書評

目次悪魔を出し抜け!の概要あらすじ悪魔を出し抜け!を読む上でのキーワード一部紹介 悪魔を出し抜け!の概要 悪魔を出し抜け!は、2013年に出版された書籍なのですが、なんと書き上げられたのは1938年。 …

三浦綾子「塩狩峠」

三浦綾子「塩狩峠」の概要・あらすじ・感想など(ネタバレあり)

※ネタバレしていますので、物語の核心・結末を知りたくない方は閲覧をお控えください。 塩狩峠の概要 塩狩峠は、1966年4月から約2年半にかけて月刊雑誌「信徒の友」に連載された小説です。 三浦綾子の著作 …

生きがいについて

神谷美恵子「生きがいについて」の概要と感想

1966年に発行された神谷美恵子の著書「生きがいについて」にこんな言葉があります。 私たちは幸か不幸か現世のなかで自分の居どころをあたえられ、毎日のつとめや責任を負わされ、ひとや物事から一応必要とされ …

谷村新司の不思議すぎる話

「谷村新司の不思議すぎる話」の概要と書評

「谷村新司の不思議すぎる話」がとても素晴らしかったのでレビューしたいと思います。 目次概要谷村新司という人物「谷村新司の不思議すぎる話」から受け取ったメッセージ一部紹介 概要 谷村新司の不思議すぎる話 …