All In One SEO Pack導入の意義と使い方【WordPressプラグイン】

その名の通り、SEO施策の全てがひとつにパッケージされたプラグイン…

ってのはちょっと言い過ぎだと思いますが、All In One SEO Packを導入することで様々な内部SEOが施せる便利なプラグインであることは確かです。

そんなAll In One SEO Packの意義と使い方について解説します。

Sponsored Link

All In One SEO Pack導入の意義

All In One SEO Packとは、どんなプラグインか?

ざっくり説明すると「SEOに強く影響するタグを自由に最適化できるプラグイン」という事になります。

Canonical、noindex、titleなど、Googleが特に注目するSEOへの影響が強い各種タグってありますよね。

これらの有無を決めたりコントロールしたりするのが、All In One SEO Packなのです。

All In One SEO Packの使い方

All In One SEO Packをインストールして有効化すると、WordPressの管理画面の左メニューに「All In One SEO Pack」というメニューが追加されます。

そのメニューの中に「一般設定」という項目があるのでクリックします。

ここで各種タグの設定ができます。

SEOの為に必ずやった方が良い設定

※デフォルトの時点で設定されている内容も含めて解説いたします。

一般設定→「Canonical URL」にチェックを入れる

Canonicalタグとは、URLを正規化する為のタグで、Googleが重要視しています。

チェックを入れる事によって、全てのページにCanonicalタグが設置されます。

一般設定→「Schema.org マークアップを使用」にチェックを入れる

Schema.orgマークアップを使用する事で、ウェブページの構造や各セクションの意味をGoogleに正しく伝えられます。

ホームページ設定→「ホームディスクリプション」に説明文を入力する

トップページのdescriptionを入力する項目です。

descriptionはGoogleの検索結果に出てくる、あの説明文の箇所を司ります。

AllInOneSEOPack導入の意義と使い方【WwordPressプラグイン】

多くのサイトではトップページで狙うキーワードがあるはずです。

そんな重要なランディングページなら、魅力的なdescription(説明文)を記述し、クリック率アップを図るべきです。

ここを空欄にしていると、最新記事の概要が適当に引っ張られてきてしまいます。

デフォルトでは空欄になっているので必ず埋めましょう。

Noindex設定→「カテゴリーをnoindexにする」のチェックを外す

こういうカテゴリの一覧ページにnoindexが付かない様にします。

実は、一部の識者の間ではnoindexを付けた方が良いという主張もあります。

カテゴリページにはオリジナルコンテンツが無く、Googleは質の低いコンテンツと見なすからという理由です。

しかし、ユーザーにとってはどうでしょう。

同じテーマのページが一覧になって並んだページって、役に立つページだと思いませんか?

実際に、難関キーワードで上位表示している楽天やAmazonのランディングページだって商品一覧ページですよね。

Googleはいつだってユーザー第一主義です。

検索ユーザーにとって役に立つページはインデックスさせて然るべきだと思います。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

2017/10/27

関連トピックス

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】の使い方を説明する前に、記事やウェブページに目次を設置するメリットについて解説したいと思いま …

SEOの為!閲覧者の為!導入必須のWordPressおすすめプラグイン5選

世界シェアがダントツでナンバーワンのオープンソースCMS【WordPress】では、世界中の様々な開発者がとても便利なプラグインを無料配布してくれています。 各プラグインの機能はそれぞれで、集客・分析 …

内部リンクはSEOに効果的2

記事中の内部リンクがSEOに効果的である3つの理由

目次内部リンクとは1.テンプレ部分以外に設置されたリンクである2.関連性の高いページからのリンクである3.内部リンクによってサイト回遊率が上がるリンク先は絶対パスで記述した方がいいのかまとめ 内部リン …

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

インターネットを使って何か調べる時、検索エンジンを使いますよね。 その際、日本人ならGoogleかYahoo!JAPANを使うのが一般的だと思います。 実際に、このサイトに検索エンジン経由で訪れるユー …

Amazonは買ってない人もレビューできる

Amazonが買ってない人もレビューを書ける仕様にしている理由はSEO

Amazonは、その商品をAmazonで買ってない人でもレビューが書けるシステムを採用しています。 「Amazonで購入したユーザーしかレビューを書けない様にしてほしい」という声があるにも関わらず、仕 …