PS Auto Sitemapでユーザー向けサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】

Googleは、ユーザー向けと検索エンジン向けに2つのサイトマップを用意する事を公式に推奨しています。

Googleが配布する検索エンジン最適化スターターガイドにハッキリと記述されいます。

ユーザー向けサイトマップとは、そのサイトの構成や全てのコンテンツを紹介するページで、ツリー形式にするのが主流となっています。

ユーザーにとって役に立つのはもちろんのこと、SEOにも効果があると言われています。

当サイトのサイトマップはこんな感じになっており、このページもPS Auto Sitemapで作りました。

記事やページを追加すると、自動でサイトマップページも更新されていくスグレモノです。

そんなPS Auto Sitemapの使い方を解説します。

Sponsored Link

PS Auto Sitemapの使い方

PS Auto Sitemapをインストールして有効化すると、WordPress管理画面の左メニューの「設定」に「PS Auto Sitemap」の項目が追加され、ここから各種設定を行う事ができます。

■サイトマップページを作る方法

1.左メニューの「固定ページ」から「新規追加」を選びます。

2.任意のタイトルとURLを決定します。当サイトではタイトルを「サイトマップ」URLを「sitemap」としています。

PS Auto Sitemapでサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】1

3.本文は入力せずに「更新」ボタンを押し、ひとまずページを作ります。

4.更新が終わったら、ブラウザのアドレスバーに記述されているパラメータの数字を確認します。15という数字が書かれているので覚えておきます。

PS Auto Sitemapでサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】2

5.左メニューの設定からPS Auto Sitemapの編集画面に戻ります。

6.「サイトマップを表示する記事」の入力欄に、さきほどの数字15を入力し「変更を保存」をクリックします。

7.先ほど作成したサイトマップページの編集画面にもどり、本文に<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>と入力する。

8.サイトマップページの作成が完了したので、必要な箇所にリンクを設置するなどして、ユーザーにとって最適な導線を引く。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

2017/09/22

関連トピックス

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】の使い方を説明する前に、記事やウェブページに目次を設置するメリットについて解説したいと思いま …

AllInOneSEOPack導入の意義と使い方【WwordPressプラグイン】

All In One SEO Pack導入の意義と使い方【WordPressプラグイン】

その名の通り、SEO施策の全てがひとつにパッケージされたプラグイン… ってのはちょっと言い過ぎだと思いますが、All In One SEO Packを導入することで様々な内部SEOが施せる便利なプラグ …

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

SEOは意味がない… 狙ったキーワードで上げてアクセスも増えたんだけど成約(コンバージョン)が増えない… そんな風に嘆いている人は、そもそも対策するキーワードが間違っている可能性があります。 ウェブサ …

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

インターネットを使って何か調べる時、検索エンジンを使いますよね。 その際、日本人ならGoogleかYahoo!JAPANを使うのが一般的だと思います。 実際に、このサイトに検索エンジン経由で訪れるユー …

SNSでの拡散によるSEO効果

FacebookやTwitterなどのSNSで拡散されたサイトにSEO効果はあるのか?

結論から言います。 サイトがSNSで拡散されること、それ自体にSEOの効果はありません。 しかし、SNSで拡散でされる事で、二次的なSEOの効果を大いに期待できます。 Sponsored Link S …