PS Auto Sitemapでユーザー向けサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】

Googleは、ユーザー向けと検索エンジン向けに2つのサイトマップを用意する事を公式に推奨しています。

Googleが配布する検索エンジン最適化スターターガイドにハッキリと記述されいます。

ユーザー向けサイトマップとは、そのサイトの構成や全てのコンテンツを紹介するページで、ツリー形式にするのが主流となっています。

ユーザーにとって役に立つのはもちろんのこと、SEOにも効果があると言われています。

当サイトのサイトマップはこんな感じになっており、このページもPS Auto Sitemapで作りました。

記事やページを追加すると、自動でサイトマップページも更新されていくスグレモノです。

そんなPS Auto Sitemapの使い方を解説します。

Sponsored Link

PS Auto Sitemapの使い方

PS Auto Sitemapをインストールして有効化すると、WordPress管理画面の左メニューの「設定」に「PS Auto Sitemap」の項目が追加され、ここから各種設定を行う事ができます。

■サイトマップページを作る方法

1.左メニューの「固定ページ」から「新規追加」を選びます。

2.任意のタイトルとURLを決定します。当サイトではタイトルを「サイトマップ」URLを「sitemap」としています。

PS Auto Sitemapでサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】1

3.本文は入力せずに「更新」ボタンを押し、ひとまずページを作ります。

4.更新が終わったら、ブラウザのアドレスバーに記述されているパラメータの数字を確認します。15という数字が書かれているので覚えておきます。

PS Auto Sitemapでサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】2

5.左メニューの設定からPS Auto Sitemapの編集画面に戻ります。

6.「サイトマップを表示する記事」の入力欄に、さきほどの数字15を入力し「変更を保存」をクリックします。

7.先ほど作成したサイトマップページの編集画面にもどり、本文に<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>と入力する。

8.サイトマップページの作成が完了したので、必要な箇所にリンクを設置するなどして、ユーザーにとって最適な導線を引く。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

2021/07/20

関連トピックス

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】の使い方を説明する前に、記事やウェブページに目次を設置するメリットについて解説したいと思いま …

さくらサーバーのWordPress 無料常時SSL化が簡単すぎて感動!

2017年10月17日、さくらのレンタルサーバーで、無料SSL証明書が設定可能になりました。 →プレスリリース さくらのレンタルサーバーで無料SSL証明書が設定可能に! レンタルサーバーで無料SSLが …

優れたコンテンツマーケティングを行っている企業サイト7つの成功事例

コンテンツマーケティングとは コンテンツマーケティングとは、自社サイトの中にブログカテゴリなどを設け、コンテンツを発信し、検索流入の増加やソーシャルメディアなどでのバズ(拡散)を狙うマーケティング手法 …

Googleにインデックスされない時の対処法【SEO】

ウェブサイトのSEOをする際、そもそもGoogleにインデックス(認識)されないと始まりません。 Googleという巨大な図書館に自分の本(ウェブページ)が無ければ、利用者は見つける術がありません。 …

SEOの為!閲覧者の為!導入必須のWordPressおすすめプラグイン5選

世界シェアがダントツでナンバーワンのオープンソースCMS【WordPress】では、世界中の様々な開発者がとても便利なプラグインを無料配布してくれています。 各プラグインの機能はそれぞれで、集客・分析 …