Google XML Sitemapsで検索エンジン向けサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】

Googleは、ユーザー向けと検索エンジン向けに2つのサイトマップを用意する事を公式に推奨しています。

Googleが配布する検索エンジン最適化スターターガイドにハッキリと記述されいます。

検索エンジン向けサイトマップは、XMLという形式(拡張子)で作り、Googleサーチコンソールからその存在を知らせる様に推奨されています。

これにより、Googleがそのサイトにあるコンテンツを見つけやすくなります。

検索エンジン向けサイトマップを作り、Googleに知らせることは基本的なSEOのひとつです。

そんなSEOの初歩とも言えるXMLサイトマップを一瞬で作れ、記事やページが増える度に自動で更新・生成してくれるスグレモノがGoogle XML Sitemapsなのです。

Sponsored Link

Google XML Sitemapsの使い方

Google XML Sitemapsをインストールし、有効化しましょう。

WordPress側で行う作業は、これで以上です。

たったこれだけで、XML形式の検索エンジン向けサイトマップページの完成です。

あなたのサイトのトップページのURLに、/sitemap.xmlを付ければ接続できるはずです。

そして今度は、Googleサーチコンソールからその存在を知らせましょう。

サーチコンソールで、XMLサイトマップを知らせたいサイトの画面を開きます。

左メニューの「クロール」→「サイトマップ」の順番にクリックします。

右上に「サイトマップの追加 / テスト」と書かれた赤いボタンがあるのでクリック。

XMLサイトマップのURLを入力し「送信」ボタンを押します。

これにより、あなたのサイトのXMLサイトマップの存在をGoogleに知らせた事になります。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

関連トピックス

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン2

メールフォームを簡単設置できるWordPressプラグイン【ContactForm7】

サイトを運営するなら、お問い合わせメールフォームなどの管理者と連絡が取れる窓口の設置が必須です。 メールフォームを設置しないと、ビジネスパートナーとの出会いなどの機会を損失してしまいます。 時にはあり …

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】の使い方を説明する前に、記事やウェブページに目次を設置するメリットについて解説したいと思いま …

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

インターネットを使って何か調べる時、検索エンジンを使いますよね。 その際、日本人ならGoogleかYahoo!JAPANを使うのが一般的だと思います。 実際に、このサイトに検索エンジン経由で訪れるユー …

内部リンクはSEOに効果的2

記事中の内部リンクがSEOに効果的である3つの理由

目次内部リンクとは1.テンプレ部分以外に設置されたリンクである2.関連性の高いページからのリンクである3.内部リンクによってサイト回遊率が上がる内部リンクは目立たせようリンク先は絶対パスで記述した方が …

Googleにインデックスされない時の対処法【SEO】

ウェブサイトのSEOをする際、そもそもGoogleにインデックス(認識)されないと始まりません。 Googleという巨大な図書館に自分の本(ウェブページ)が無ければ、利用者は見つける術がありません。 …