SEO・ウェブマーケティング

メールフォームを簡単設置できるWordPressプラグイン【ContactForm7】

投稿日:

サイトを運営するなら、お問い合わせメールフォームなどの管理者と連絡が取れる窓口の設置が必須です。

メールフォームを設置しないと、ビジネスパートナーとの出会いなどの機会を損失してしまいます。

時にはありがたい指摘をして下さる閲覧者様もいます。

そんな大切なメールフォームですが、WordPressには簡単に設置できるプラグイン【ContactForm7】があります。

そのContactForm7の使い方について解説したいと思います。

Sponsored Link

ContactForm7の使い方

まずはContactForm7をインストールし、有効化します。

フォームの編集

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン1

WordPressの管理画面の左メニューに「お問い合わせ」という項目が追加されているのでクリックします。

既にひとつめのフォーム設定「コンタクトフォーム1」があるのでクリックし「コンタクトフォームの編集」ページを開きます。

デフォルトでは最低限の項目「名前」「メールアドレス」「題名」「本文」「送信ボタン」が設定されています。

必要に応じて項目を増やす事もできます。

当サイトのメールフォームでは、以前にメールフォームを悪用した大量のスパムメールが来たことがあったので、チェックボックスを設置し自動プログラムを防いでいます。

受信メールアドレスの設定

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン2

次に受信メールアドレスの設定をします。

同じページの「メール」というタブをクリックし、必要事項を記入します。

メールフォームを利用する人に、メールアドレスが分かる事はありませんので安心して下さい。

以上で設定は完了しましたので、忘れずに右上の「保存」ボタンを押して下さい。

フォームページの作成

最後にメールフォームページを作成します。

まずは「コンタクトフォームの編集」ページの上部に記載されているショートコードをコピーしておきます。

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン3

左メニューの「固定ページ」から「新規追加」を選びます。

任意のタイトルとURLを決定します。

当サイトではタイトルを「お問い合わせ」URLを「contact」としています。

ショートコードを本文にペーストして「更新」を押せば、メールフォームページのでき上がりです。

必要な箇所にリンクを設置するなどして、ユーザーにとって最適な導線を引きましょう。

Sponsored Link

シェアしていただけると、たいへん嬉しく思います。

-SEO・ウェブマーケティング

関連記事

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】の使い方を説明する前に、記事やウェブページに目次を設置するメリットについて解説したいと思いま …

Googleにインデックスされない時の対処法【SEO】

ウェブサイトのSEOをする際、そもそもGoogleにインデックス(認識)されないと始まりません。 Googleという巨大な図書館に自分の本(ウェブページ)が無ければ、利用者は見つける術がありません。 …

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

SEOは意味がない… 狙ったキーワードで上げてアクセスも増えたんだけど成約(コンバージョン)が増えない… そんな風に嘆いている人は、そもそも対策するキーワードが間違っている可能性があります。 ウェブサ …

AllInOneSEOPack導入の意義と使い方【WwordPressプラグイン】

All In One SEO Pack導入の意義と使い方【WordPressプラグイン】

その名の通り、SEO施策の全てがひとつにパッケージされたプラグイン… ってのはちょっと言い過ぎだと思いますが、All In One SEO Packを導入することで様々な内部SEOが施せる便利なプラグ …

Googleの検索順位が毎日変動する理由

Googleの検索順位が毎日変動する理由を説明する前に、まずは検索エンジンの仕組みについてザックリと説明します。 目次検索エンジンの仕組みGoogleの検索順位が毎日変動する理由格付け以外の理由で変動 …