メールフォームを簡単設置できるWordPressプラグイン【ContactForm7】

サイトを運営するなら、お問い合わせメールフォームなどの管理者と連絡が取れる窓口の設置が必須です。

メールフォームを設置しないと、ビジネスパートナーとの出会いなどの機会を損失してしまいます。

時にはありがたい指摘をして下さる閲覧者様もいます。

そんな大切なメールフォームですが、WordPressには簡単に設置できるプラグイン【ContactForm7】があります。

そのContactForm7の使い方について解説したいと思います。

Sponsored Link

ContactForm7の使い方

まずはContactForm7をインストールし、有効化します。

フォームの編集

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン1

WordPressの管理画面の左メニューに「お問い合わせ」という項目が追加されているのでクリックします。

既にひとつめのフォーム設定「コンタクトフォーム1」があるのでクリックし「コンタクトフォームの編集」ページを開きます。

デフォルトでは最低限の項目「名前」「メールアドレス」「題名」「本文」「送信ボタン」が設定されています。

必要に応じて項目を増やす事もできます。

当サイトのメールフォームでは、以前にメールフォームを悪用した大量のスパムメールが来たことがあったので、チェックボックスを設置し自動プログラムを防いでいます。

受信メールアドレスの設定

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン2

次に受信メールアドレスの設定をします。

同じページの「メール」というタブをクリックし、必要事項を記入します。

メールフォームを利用する人に、メールアドレスが分かる事はありませんので安心して下さい。

以上で設定は完了しましたので、忘れずに右上の「保存」ボタンを押して下さい。

フォームページの作成

最後にメールフォームページを作成します。

まずは「コンタクトフォームの編集」ページの上部に記載されているショートコードをコピーしておきます。

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン3

左メニューの「固定ページ」から「新規追加」を選びます。

任意のタイトルとURLを決定します。

当サイトではタイトルを「お問い合わせ」URLを「contact」としています。

ショートコードを本文にペーストして「更新」を押せば、メールフォームページのでき上がりです。

必要な箇所にリンクを設置するなどして、ユーザーにとって最適な導線を引きましょう。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

関連トピックス

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】の使い方を説明する前に、記事やウェブページに目次を設置するメリットについて解説したいと思いま …

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

インターネットを使って何か調べる時、検索エンジンを使いますよね。 その際、日本人ならGoogleかYahoo!JAPANを使うのが一般的だと思います。 実際に、このサイトに検索エンジン経由で訪れるユー …

Googleにインデックスされない時の対処法【SEO】

ウェブサイトのSEOをする際、そもそもGoogleにインデックス(認識)されないと始まりません。 Googleという巨大な図書館に自分の本(ウェブページ)が無ければ、利用者は見つける術がありません。 …

優れたコンテンツマーケティングを行っている企業サイト7つの成功事例

目次コンテンツマーケティングとはコンテンツマーケティングが成功している7つの事例キッコーマン楽天ジョンソンLIXILタケダぐるなびSUUMO コンテンツマーケティングとは コンテンツマーケティングとは …

内部リンクはSEOに効果的2

記事中の内部リンクがSEOに効果的である3つの理由

目次内部リンクとは1.テンプレ部分以外に設置されたリンクである2.関連性の高いページからのリンクである3.内部リンクによってサイト回遊率が上がる内部リンクは目立たせようリンク先は絶対パスで記述した方が …