FacebookやTwitterなどのSNSで拡散されたサイトにSEO効果はあるのか?

SNSでの拡散によるSEO効果

結論から言います。

サイトがSNSで拡散されること、それ自体にSEOの効果はありません。

しかし、SNSで拡散でされる事で、二次的なSEOの効果を大いに期待できます。

Sponsored Link

SNSの定義

まず、ここで使うSNSの定義についてハッキリさせておくと、本来のSNSの定義である「社会的ネットワークを構築できるサービス」に加えて、下記の2つの条件を満たすものとします。

  • 他のウェブサイトを共有できる仕組みがあること。
  • 一定数のシェアがあること。

そして、この条件をクリアするSNSは、FacebookとTwitterになります。

Instagramは他のウェブサイトを共有できる仕組みがありませんし、LINEはメッセンジャーアプリとしては最大級のシェアがありますが、SNSとしてはあまり使われていないので除外しています。

SNSで拡散されること自体にSEO効果は無い

FacebookやTwitterなどのSNSで拡散されること自体にSEOの効果が無い根拠は、リンクを設置するHTMLの記述の中ににnofollowというリンクの評価を渡さない属性が付与されるからです。

Googleは、外部からのリンクを評価指標にしていると言われていますが、nofollow属性を付与されたリンクは毒にも薬にもなりません。

ですので、SNSでの拡散自体にSEOの効果はありません。

SNSでの拡散による二次的なSEO効果

しかし、SNSでの拡散による二次的なSEO効果は大いに期待できます。

SNSで拡散されることにより、様々なタイプのウェブメディアが拡散されたサイトに関心を寄せます。

ニュースメディア・アンテナサイト・まとめサイト・個人ブログ・ソーシャルブックマーク…etc

ウェブメディアはPVが命ですから、注目を集める話題に対してとても敏感です。

よく、人気ツイートのリプライで、メディアのスタッフが掲載許可を請うているのを見た事がある人もいると思います。

SNSでの拡散によるSEO効果2

運営スタッフたちは、リツイートやシェアをたくさん獲得している話題に対して目を光らせています。

また、アンテナサイトやまとめサイトのトピックスとして扱われる可能性があります。

なんせ、人々の関心は集めたという実績がある訳ですから。

さらに、SNSで拡散される事で多くの人の目に触れますから、ブログ運営者などが自分のブログで紹介してくれるかも知れません。

そうしてSNSを飛び越えて広まっていく中で、そのサイトに対してnofollow属性の付与されないリンクがいっきに増えていく可能性が広がります。

nofollowの付かない、自然に増えた外部からのリンクはSEOに大きな効果があります。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

2017/10/11

関連トピックス

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

SEOは意味がない… 狙ったキーワードで上げてアクセスも増えたんだけど成約(コンバージョン)が増えない… そんな風に嘆いている人は、そもそも対策するキーワードが間違っている可能性があります。 ウェブサ …

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

Yahooの検索順位がGoogleとほぼ同じだけど微妙に違う理由

目次Yahooの自然検索順位がGoogleとほぼ同じ理由YahooとGoogleの自然検索順位が微妙に違う理由YahooとGoogleでは自然検索順位以外は大きく違う日本でのSEOはGoogleを攻略 …

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

インターネットを使って何か調べる時、検索エンジンを使いますよね。 その際、日本人ならGoogleかYahoo!JAPANを使うのが一般的だと思います。 実際に、このサイトに検索エンジン経由で訪れるユー …

さくらサーバーのWordPress 無料常時SSL化が簡単すぎて感動!

2017年10月17日、さくらのレンタルサーバーで、無料SSL証明書が設定可能になりました。 →プレスリリース さくらのレンタルサーバーで無料SSL証明書が設定可能に! レンタルサーバーで無料SSLが …

SEOの為!閲覧者の為!導入必須のWordPressおすすめプラグイン5選

世界シェアがダントツでナンバーワンのオープンソースCMS【WordPress】では、世界中の様々な開発者がとても便利なプラグインを無料配布してくれています。 各プラグインの機能はそれぞれで、集客・分析 …