さくらサーバーのWordPress 無料常時SSL化が簡単すぎて感動!

2017年10月17日、さくらのレンタルサーバーで、無料SSL証明書が設定可能になりました。

レンタルサーバーで無料SSLが使えるサービスと言えば、エックスサーバーやコアサーバーが有名でしたが、ついにさくらでも可能になりました。

私は長年さくらのレンタルサーバー一筋だったので、とても嬉しいです。

で、早速このサイトで試してみました。

そのSSL化の作業なんですが、驚くほど簡単で感動しました。

私は小さなIT企業で働いていて、WordPressでもフルスクラッチのウェブサイトでもSSL化の経験があるのですが、これがまた面倒くさいというか、神経をすり減らす作業なんですね。

しかし!

さくらのレンタルサーバーはとても親切で、できる限りユーザーにストレスを与えない環境を整えてくれました。

本当に親切な会社だなぁと思い、これからもずっと使い続けたいと思いました。

そんな、さくらサーバーのWordPress 無料常時SSL化の手順について解説したいと思います。

Sponsored Link

1.httpでもhttpsでも接続できる様にする

まずはSSL化したいサイトをhttpでもhttpsでも接続できる様にします。

ですが、その前に2つの設定変更をする必要が発生しました。(私の場合)

1つ目はこれ。

www付きでWordPressを運用していて、なお且つさくらサーバーの管理画面のドメイン設定で「マルチドメインとして使用する(推奨)」を選んでいる人は、さくらが提供する常時SSL化プラグインが動作しないので設定を変えなければいけません。

これをしないといけない人は結構多いんじゃないかと思います。

詳しい設定変更手順は「【WordPress】www付きのドメイン利用中で、SSL化する時の手順」を参照して下さい。

2つ目はこれ。

さくらが提供する常時SSL化プラグインは、PHPバージョン5.6もしくは7.1でのみ動作します。

つまり、それ以外のバージョンの人は設定を変更しなければいけません。

私は5.4から5.6にバージョンアップしました。

ちなみに既存プログラム(プラグインなど)の不具合はありませんでした。

PHPバージョン変更は、サーバコントロールパネルのPHPのバージョン選択から変更可能です。

以上の2つの設定変更を済ませた上で、いよいよSSL証明書を設定します。

詳しい手順は【無料SSL】サーバコントロールパネルからの導入手順を参照して下さい。

2.httpsへの置換とリダイレクト

1の作業が無事に終わったら、さくらサーバーから登録メールアドレスに「SSLサーバ証明書発行完了」の旨のメールが届きます。

この時点で、httpでもhttpsでもサイトに接続できる状態になっています。

それが確認できたら、自動でhttpをhttpsに置換し、なお且つ301リダイレクトをしてくれる優れたプラグイン「SAKURA RS WP SSL」を導入します。

詳しい手順は【WordPress】常時SSL化プラグインの使い方を参照して下さい。

3.自分で直書きした箇所の修正

SAKURA RS WP SSLを有効にすると下記の処理が行われます。

  • サイト内リンクのリンク先が、httpからhttpsに変更されます。
  • SSL化前に投稿した画像ファイルなどのURLがhttpsに変更されます。
  • http〜でのアクセスを、httpsに301リダイレクトします。

こんな優秀なプラグインですが、自分で直接記述した箇所などは自分で修正しなければいけません。

SSL接続が完璧でない場合、ブラウザでこんな風に表示されてしまいます。

さくらサーバーのWordPressを無料でSSL化1

私の場合、

  • ウィジェットから直接HTMLを書いた絶対パス
  • STINGERの管理画面から指定した絶対パス(ファビコン)
  • テーマの編集から直接HTMLを書いた絶対パス(footer.php)

は自分で変更する必要がありました。

自分で変更する場所の見つけ方(Windowsのchromeの場合)

・SSL化した自分のサイトをchromeで開きます。

・ソースを表示します。

・Ctrl+fで旧URLが無いか検索します。

以上の作業で、完璧にSSL接続ができた模様です。

さくらサーバーのWordPressを無料でSSL化2

Sponsored Link

4.チェック&各種変更

以上、常時SSL化の作業自体は終了です。

最後にチェックと各種変更をしましょう。

チェック

本当に301リダイレクトができているか自分の目で確認しましょう。

ちゃんと301が出ていれば、リダイレクト前の評価を完全に引き継ぐ事ができます。(グーグルが公式にアナウンス)

私がチェックに使っているツールはohotuku.jpです。

サーチコンソールの変更

サーチコンソールでは、新しいURLで再度登録しなければいけません。

そしてFetch as Googleを忘れないで下さい。

トップページでリクエストを行い「このURLと直接リンクをクロールする」を選んで下さい。

グーグルアナリティクスの変更

グーグルアナリティクスの「プロパティ設定」と「ビュー設定」をhttpsに変更します。

この作業は特に必要ないらしいのですが、やらないのも気持ちが悪いので変えました。

それでも飛んじゃうSSL化

私の経験上、内部の記述を完全に置き換え、完璧に301リダイレクトを施しても、それでも飛ぶ(検索順位が下落)ケースを見てきました。

短いケースで1日、長いケースで3日。

もちろん、まったく変化なし、あるいは検索流入がアップしたケースもありますし、飛んでも必ず戻ってきます。

その辺は、まだGoogleも未熟ってことで、暖かい目で見守っていきましょう。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

2017/10/30

関連記事

PS Auto Sitemapでサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】2

PS Auto Sitemapでユーザー向けサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】

Googleは、ユーザー向けと検索エンジン向けに2つのサイトマップを用意する事を公式に推奨しています。 Googleが配布する検索エンジン最適化スターターガイドにハッキリと記述されいます。 ユーザー向 …

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

「SEOは意味がない」と嘆く人へ

SEOは意味がない… 狙ったキーワードで上げてアクセスも増えたんだけど成約(コンバージョン)が増えない… そんな風に嘆いている人は、そもそも対策するキーワードが間違っている可能性があります。 ウェブサ …

SNSでの拡散によるSEO効果

FacebookやTwitterなどのSNSで拡散されたサイトにSEO効果はあるのか?

結論から言います。 サイトがSNSで拡散されること、それ自体にSEOの効果はありません。 しかし、SNSで拡散でされる事で、二次的なSEOの効果を大いに期待できます。 Sponsored Link S …

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで記事の目次を自動生成してくれるプラグイン【Table of Contents Plus】の使い方を説明する前に、記事やウェブページに目次を設置するメリットについて解説したいと思いま …

優れたコンテンツマーケティングを行っている企業サイト7つの成功事例

目次コンテンツマーケティングとはコンテンツマーケティングが成功している7つの事例キッコーマン楽天ジョンソンLIXILタケダぐるなびSUUMO コンテンツマーケティングとは コンテンツマーケティングとは …