書評

繊細な人でも図太くなる方法

投稿日:2017年11月2日 更新日:

繊細な人でも図太くなる方法

図太いとは「大胆」「クヨクヨしない」「周囲の目など気にしない」「何も考えず行動できちゃう」などの意味で使われる形容詞です。

本当に図太い人は気持ちが強く、いつもどんな時でもたくましく平然としていて、肝が座っています。

繊細な人からしたらとても羨ましく思ってしまいます。

私もどちらかと言うと神経が細い方で、クヨクヨしたり落ち込んだりしやすいです。

そんな私と同じで「図太くなりたい…」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

その「図太さ」ですが、時には悪い方向に発揮されてしまう事があります。

人の気持ちを分からず図々しい行動をとってしまったり、思いやりの無い行動をしてしまったり…

そんな時は図太さを通り越して、無神経なんて思われてしまう事もあります。

この事から、図太さを生まれ持っている事と、図太さを身につける事は大きく違う事が分かります。

何も考えず行動する図太さではなく、考えた上で図太く行動するというのが、本当の意味で図太いという事になります。

繊細な人が後天的に図太さを身につけることこそ最強なのです。

しかし、図太さは生まれ持った性格であり、後から身につけるなんて事ができるのでしょうか。

Sponsored Link

図太くなる方法が書かれた本

繊細な人でも後天的に図太さを身につける方法…

それが書かれている本があります。

枡野俊明が書いた「図太くなれる禅思考」という本です。

枡野俊明はデザイナーや大学教授としても活躍する僧侶です。

枡野氏によると、禅僧はみんな図太いと言います。

禅の様々な教えには、図太く生きる為のエッセンスが詰め込まれていると言います。

それを知り、日々の暮らしの中で実践する事によって、僧侶ではない私たちでも図太くなれると説いています。

そんな珠玉の名著から、図太くなる為の思考をいくつか紹介します。

他人と比べることをやめる

他人と比べるという事は、あれこれ思い悩んでしまう種になります。

比べたところで自分が変わるわけではありません。

比べるだけ思考とエネルギーの無駄です。

また、自分の主観でする比較はかなり不確かなものです。

「隣の芝生は青い」というコトワザがある様に、実際より良く見えてしまうものなのです。

比べるべき相手がいるとするなら、それは過去の自分です。

以前の自分と比べる事で「あの時はどうしてダメだったのか」と言った検証ができます。

他人と比べない態度や行動が習慣になれば、あれこれ悩まない図太い人間になれます。

悩みにさえ感謝する

いつもウジウジ悩んでいる人も、いつもハツラツと明るい人(真に図太い人)も、悩みの多寡は同じなのです。

この決定的な違いは「悩みとの付き合い方」です。

いつもウジウジ悩んでいる人は、深刻に考えるだけで解決しようとしません。

一方、本当の意味で図太い人は、悩んでも仕方がない事を知っています。

さらに、悩みや困難が、自分を変化・成長・向上させる為の種である事を知っています。

だから、真に図太い人というのは悩みそれ自体に支配される事はないのです。

弱みを隠さない

本当に図太い人は、自分の弱みを隠しません。

自分の弱みを開けっ広げにしないから、周囲の目が余計に気になったり、思ったことが言えなくなるのです。

苦手な事も、コンプレックスも、弱みを公開する事はメリットばかりです。

最初は抵抗があるかも知れませんが、一度やってしまえば簡単なものです。

自分の長所だけに敏感になる

本当に図太い人は自分の長所だけに注目して、それを伸ばし、発揮することを考えます。

繊細な人は、自分にも立派な長所があるのに、短所にだけ着目して思い悩んでしまいます。

また、上述した様に、図太い人は自分の弱みを開示していますので、自然と周りが自分の短所を補ってくれる様になります。

さらに、短所を補うより長所を伸ばす方が、トータルで見た場合に遥かに人間力はアップします。

反省はピンポイントで

繊細な人はひとつの失敗に対して、不必要の反省までしてしまいがちです。

例えば、ひとつの仕事を見ても、色んな段階に細分化することができます。

準備段階、交渉段階、着手段階…

本当に図太い人は、どこで失敗したかを見極め、その部分だけを反省し改善します。

Sponsored Link

まとめ

図太くなる為の知識と、それを日々の暮らしで実践していく意志を持ってすれば、繊細な人でも図太さは身につきます。

上で挙げたのは「図太くなれる禅思考」の一部であり、図太くなる為の思考は他にもたくさんあります。

本当に図太くなりたい人は、ぜひ一度「図太くなれる禅思考」を手にとって読んでみて下さい。

ヒンズー教の教えにこんな言葉があります。

「心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる」

このページを読んでいるあなたは、既に「図太くなりたい」と心は変わっています。

あとはその為の知識を得て、態度や行動に反映させていけばいいのです。

  • すぐにあれこれ思い悩んでしまう
  • 人に流されやすい
  • いつまでも落ち込んでしまう
  • 周囲の目を気にする
  • 自分が思ったことを言えない

こんな人にオススメの名著です。

シェアしていただけると、たいへん嬉しく思います。

-書評

関連記事

子供を作らないという選択

子供を作らないという選択がある

家系図カッター 「子供を作らない」という強い決意と共に書かれた、そんな直球タイトルの本に出会いました。 著者は増田セバスチャンというアートディレクターやアーティストとして活躍する方です。 きゃりーぱみ …

行動をもって気分を変える!森田正馬「自覚と悟りへの道」

行動をもって気分を変える!森田正馬「自覚と悟りへの道」を読んで

私はとにかく朝が弱いです。 低血圧とか自律神経の失調とかそういう類ではなく、とにかく気分が落ち込んでいるんです。 そして頭の中に浮かんできてほしくないモノゴトで一杯になってしまうんです。 もちろん寝起 …