子供同士のいじめや差別を無くす方法

子供同士のいじめや差別を無くす方法

子供同士のいじめや差別を無くす為には、大人がいじめや差別をやめればいいのです。

  • インターネットでの誹謗中傷
  • ヘイトスピーチ
  • 陰湿な陰口
  • 不毛な夫婦喧嘩
  • 他人の愚痴
  • なんちゃらハラスメント
  • テレビや雑誌が取り上げる下品なゴシップネタ
  • ひいては戦争やテロ

大人になっても、いつまでこんなことをしているのでしょうか。

そんな大人を見て、子供は育つんです。

ひとりひとりが自己中心性を捨て、他人の為に生きること。

負の感情が湧いてくるなら、自分が成長して、世界に調和する努力をすればいいのです。

大人が健康なら、子供同士でのいじめや差別なんて起きないんです。

Sponsored Link

カテゴリ - 人生

関連記事

情けは人の為ならず

「情けは人の為ならず」が世界を変える

「情けは人の為ならず」というコトワザがあります。 人に情けをかけることは、その人の為にもなるが、自分の為にもなるという教えのコトワザです。 このコトワザの全文は「情けは人の為ならず 巡り巡って己が為」 …

繊細な人の特徴 その短所は長所である

目次繊細な人とは繊細な人とHSP繊細な人の特徴物事にこだわる他者への観察が鋭い先を見通せる繊細さを克服する 短所は長所になる繊細な人に向いている仕事繊細な人の恋愛や結婚繊細な人との付き合い方繊細な人の …

良い習慣と悪い習慣の明確なボーダーライン

良い習慣と悪い習慣の明確なボーダーライン

習慣とは、日常の決まりきった行いのことを言います。 弱さを由来とする、半ば依存の様な形で始まる習慣もあれば、自分を向上させようと取り組んだ事がいつしか決まりとなり、継続困難な事でも日常に溶け込んでいる …

「罪を憎んで人を憎まず」な世界になればいい

「罪を憎んで人を憎まず」とは 「罪を憎んで人を憎まず」とは、読んで字の如く、人が何か罪を犯したとき、その人を憎むのではなく罪そのものを憎もうという意味の格言です。 孔子が言ったとか、聖書に記述があると …

SNSをほどほどに

SNSをほどほどにした方が良いと思う理由は内発的な欲求が薄まるから

SNSをほどほどにした方が良いと思う理由は、内発的な欲求が薄まり、それを動機とした行動が減ってしまうからです。 SNSを見ると、様々な人間が多岐に渡る情報を発信しています。 ひとつひとつに目を通し、参 …