萩と荻の違いと読む時の覚え方3つ

萩と荻。

とても似たこの2つの漢字ですが読み方が違います。

萩(はぎ)荻(おぎ)と読みます。

困ったことにこの二つの漢字は、30万種類ほどあると言われている(諸説あり)日本人の名字の中で結構メジャーなのです。

BEST600の中に、荻か萩のいずれかを含む名字が3つも入っています。

  • 179位 萩原(はぎわら) 約117,000人
  • 363位 荻野(おぎの) 約56,300人
  • 514位 荻原(おぎわら) 約38,700人

出典:名字ランキング – 名字由来net

そんな萩と荻の漢字としての違いと意味の違い、そして読みの覚え方について解説します。

萩と荻の違い

萩と荻の違いと読む時の覚え方1

萩と荻の漢字としての違いは、草冠の左下につく偏が「のぎへん」か「けものへん」かです。

萩と荻の違いと読む時の覚え方2

意味としての違いは、どちらも草冠がつくだけあって植物の名前です。

萩(はぎ)はマメ科ハギ属の総称、荻(おぎ)イネ科ススキ属の植物の一種です。

萩と荻の読みの覚え方3つ

とっさの場面で「萩」か「荻」のつく漢字に遭遇した時にも対処できる簡単な覚え方を3つ紹介します。

まず1つめが、秋=おはぎという連想を使った方法です。

秋と言えば風物詩であるおはぎ→秋がつくから萩(はぎ)という覚え方です。

2つめが、萩(HAGI)とその中にある秋(AKI)は母音がどちらもAIです。

3つめが、けものへんはカタカナの「オ」に形が似ている、だから「オ」がつく方は荻(おぎ)であるという覚え方です。

Sponsored Link

カテゴリ - 漢字

2018/01/08

関連トピックス

草冠(くさかんむり)に無と書いて「蕪」の読み方

草冠(くさかんむり)に無と書いて「蕪」の読み方

草冠(くさかんむり)に無と書いて「蕪」という漢字があります。 ■音読み ブ / ム ■訓読み あ(れる) / しげ(る) / みだ(れる) / かぶら / かぶ 最も馴染み深いのは食材としての蕪(かぶ …

草冠(くさかんむり)に時と書いて「蒔」の読み方

草冠(くさかんむり)に時と書いて「蒔」の読み方

草冠(くさかんむり)に時と書いて「蒔」という漢字があります。 ■音読み シ / ジ ■訓読み う(える) / ま(く) 蒔く(まく)としての読まれ方が、最も馴染み深いでしょう。 地名・苗字などで、蒔く …

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」の読み方

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」の読み方

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」という漢字があります。 ■音読み カ ■訓読み いら(だつ) / さいな(まれる) / わずら(わしい) / いじ(める) / から(い) / きび(しい) / …

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」の読み方

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」の読み方

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」という漢字があります。 ■音読み ロ ■訓読み あし / よし 芦(アシまたはヨシ)は、イネ科ヨシ属の多年草です。 読まれ方としては芦(あし)が最も一般的でしょう …

草冠(くさかんむり)に夫と書いて「芙」の読み方

草冠(くさかんむり)に夫と書いて「芙」の読み方

草冠(くさかんむり)に夫と書いて「芙」という漢字があります。 ■音読み フ ■訓読み はす 芙という漢字を見かけるケースとして多いのは名前(ファーストネーム)でしょう。 芙美(ふみ)や芙優(ふゆ)など …