SNSをほどほどにした方が良いと思う理由は内発的な欲求が薄まるから

SNSをほどほどに

SNSをほどほどにした方が良いと思う理由は、内発的な欲求が薄まり、それを動機とした行動が減ってしまうからです。

SNSを見ると、様々な人間が多岐に渡る情報を発信しています。

ひとつひとつに目を通し、参加し、コミュニケーションを取っていると、時間がいくらあっても足りません。

また、その情報が確かなのか、本音なのか、よく分かりません。

日本人は極端に人目を気にする民族ですから、SNSでもその習性が著しく出ています。

俗っぽい言葉でいうなら、上っ面なのです。

私はそう感じます。

私も真面目にSNSを運用していた頃、情報を発信しなきゃいけない強迫観念にかられたり、リアクションに対してイチイチ目を通していました。

誰かの投稿に、本来不要である嫌な感情になったりすることもありました。

さらに、SNSで映えるかどうかという動機で行動したり、思考が外発的なモノゴトに支配されていく感覚がありました。

そうなってくると、内発的な関心事が何だったか忘れてしまいます。

自分が心からワクワク感動すること。

誰とも共有できなくたって関心が止まないこと。

理由は分からないけど気力を与えてくれること。

そう言った内発的な動機で使う時間やお金、思考や行動が減っていきました。

ただし、外発的な動機による行動が不要だと思ってはいません。

自分の外側と調和を計ることも、大切なことだと思います。

その為の情報の発信・収集・共有は必要です。

今はSNSをほどほどにやっています。

Twitterは見るだけ、知り合いでも遠慮なくミュートし、最新音楽情報などチェックしています。

Facebookは一切見ませんが、そこでしか連絡が取れない人が多数いるためアカウントを残しています。

時間もお金も思考も行動も有限ならば、できるだけ心がワクワクするものだけにそれを使いたいと思います。

Sponsored Link

カテゴリ - 人生

関連記事

孤立するゆとり世代

未来の労働観を体現するゆとり世代を孤立させるな!

目次ゆとり世代とはゆとり教育の現状ゆとり世代の範囲ゆとり世代の特徴仕事がスピーディ自分の仕事以外はやらないプライベートが全て怒るとすぐ辞める飲み会に参加しない重役とも対等物やお金への執着が薄い遅刻や欠 …

子供同士のいじめや差別を無くす方法

子供同士のいじめや差別を無くす方法

子供同士のいじめや差別を無くす為には、大人がいじめや差別をやめればいいのです。 インターネットでの誹謗中傷 ヘイトスピーチ 陰湿な陰口 不毛な夫婦喧嘩 他人の愚痴 なんちゃらハラスメント テレビや雑誌 …

月曜日の憂鬱を解消する方法

月曜日の憂鬱を解消!辛い仕事を乗り切る5つの方法

楽しかった休日が終わり仕事が始まる月曜日が来ると、憂鬱な気分に苛まれてしまいますよね。 仕事とは生産活動ですから、誰にとっても大変なことで、月曜日を憂鬱と感じてしまうのは自然なことです。 あの世界的ア …

気分の落ち込みを対処する方法 感動する作品に触れる

気分の落ち込みを人間本来の力で対処する8つの方法

目次睡眠をとる感動する作品に触れるおすすめソング bacho「最高新記憶」運動する休暇をとる何も考えずいつも通り行動する人に会う自然豊かな場所に行く何かに貢献する「嫌われる勇気」著:岸見一郎 / 古賀 …

好かれる人

思わず近づきたくなる!みんなから好かれる人の14個の特徴

学校でも職場でも、みんなから好かれる人っていますよね。 好かれる人の周囲にはいつも誰かがいて、ピースフルな雰囲気が漂っています。 そんな誰からも好かれる人には、他の人が近づきたくなる特徴がいくつもある …