草冠(くさかんむり)に任と書いて「荏」の読み方

草冠(くさかんむり)に任と書いて「荏」の読み方

草冠(くさかんむり)に任と書いて「荏」という漢字があります。

■音読み
ジン / ニン

■訓読み
え / やわ(らか)

と読みます。

荏を含む言葉で馴染みが多いのは、荏原(えばら)という地名でしょう。

東京都品川区と富山県富山市にあります。

地名を由来として駅名にも使われています。

  • 荏原町駅(東京都 東急大井町線)
  • 荏原中延駅(東京都 東急池上線)
  • 早雲の里荏原駅(岡山県 井原鉄道井原線)
  • 越中荏原駅(富山県 富山地方鉄道本線)

他にも、食べられるシソ科の植物である荏胡麻(えごま)も知られています。

また、日本人なら誰でも知ってる大手食品メーカーのエバラは、かつて東京の荏原に工場があったことからこの社名になったと言われており、創業当時は漢字表記の荏原でした。

さらに、荏畑(えばた)や荏本(えのもと)など日本人の苗字にも使われています。

Sponsored Link

カテゴリ - 漢字

2018/01/15

関連トピックス

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」の読み方

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」の読み方

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」という漢字があります。 ■音読み ロ ■訓読み あし / よし 芦(アシまたはヨシ)は、イネ科ヨシ属の多年草です。 読まれ方としては芦(あし)が最も一般的でしょう …

草冠(くさかんむり)に方と書いて「芳」の読み方

草冠(くさかんむり)に方と書いて「芳」の読み方

草冠(くさかんむり)に方と書いて「芳」という漢字があります。 ■音読み ホウ ■訓読み かんば(しい) / かお(り) / かぐわ(しい) 芳(かんば)しい、あるいは芳(かぐわ)しいなどは、現代日本人 …

萩と荻の違いと読む時の覚え方3つ

萩と荻。 とても似たこの2つの漢字ですが読み方が違います。 萩(はぎ)荻(おぎ)と読みます。 困ったことにこの二つの漢字は、30万種類ほどあると言われている(諸説あり)日本人の名字の中で結構メジャーな …

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」の読み方

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」の読み方

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」という漢字があります。 ■音読み カ ■訓読み いら(だつ) / さいな(まれる) / わずら(わしい) / いじ(める) / から(い) / きび(しい) / …

草冠(くさかんむり)に鳥と書いて「蔦」の読み方

草冠(くさかんむり)に鳥と書いて「蔦」の読み方

草冠(くさかんむり)に鳥と書いて「蔦」という漢字があります。 ■音読み チョウ ■訓読み つた 蔦(つた)としての読まれ方が、最も馴染み深いでしょう。 全国に蔦(つた)を使った地名がたくさんあります。 …