「情けは人の為ならず」が世界を変える

情けは人の為ならず

「情けは人の為ならず」というコトワザがあります。

人に情けをかけることは、その人の為ではなく自分の為になるという教えのコトワザです。

これは本当にその通りだと思います。

色んな人に対して情けをかけていると、情けをかけた人から恩が返ってくることもあれば、その人を経由して自分に情けが還ってくることもあります。

聖書にも「与える者は与えられる」という教えがある様に、これは真理であり、宇宙のメカニズムなのだと思います。

運が良いのは、情けが還ってきているから

人はよく「運が良い」なんて言葉を使いますが、私は「情けは人の為ならず」の働きではないかと考えています。

自分の働きや実力とは別の部分で何かしらの力が働いた時、人は「運が良い」と言います。

しかし、その種を蒔いたのはその人なのです。

普段から人に情けをかけているから、巡り巡って自分に良い力が働く。

その流れを直接知ることができないから、自分とは別の力、つまり「運」と呼んでいるのではないでしょうか。

Sponsored Link

恩送りで恩を循環させる

「情けは人の為ならず」と関連する言葉で「恩送り」という言葉があります。

恩送りとは、誰かから受けた恩をその人に返す「恩返し」ではなく、他の困っている人や情けを必要としている人に送っていくという考え方です。

「情けは人の為ならず」が真理ならば、この恩送りを積極的にすることで自分が恩をたくさん得られます。

いまはインターネットサービスが成熟し、恩送りがとてもしやすい時代です。

世の中を良くしようという人たちが様々な仕組みを展開しています。

クラウドファンディングなどがまさにそれです。

今まさに助けを必要としている人が目に見えて分かりますし、その後の動きも知ることができます。

恩送りを描いた名画「ペイ・フォワード 可能の王国」

情けは人の為ならずを描いた「ペイ・フォワード」

「情けは人の為ならず」とは少し違いますが、恩送りをテーマにした映画があります。

中学1年生の主人公トレバーは、社会科の先生から「世界を変える方法を考え、それを実行しよう」という課題を出されます。

トレバーは「3人の人に善意を施し、その善意を受けた人がまた3人の人に善意を施せば世界が変わる」と答え、それを実践していきます。

トレバーの恩送りによって、周囲の人に影響を及ぼし始めます。

恩送りの大切さ、そして難しさを描いた、全人類が見るべき傑作です。

やらない善よりやる偽善

情けをかけている人をみて「偽善だ」という人がいます。

自分への恩を期待している、高感度や知名度アップのため、自分が気持ち良くなるため…etc

結局は自分の為に、人に情けをかけているのだという主張です。

ある意味で、そうなのかも知れません。

しかし、それで結構なのです。

「やらない善」より「やる偽善」の方が遥かに価値があります。

と言うより「やらない善」に何の価値もありません。

世界中のひとりひとりが、自分の為にでも人に情けをかけることができるなら、きっと世界は変わると思います。

Sponsored Link

カテゴリ - 人生

関連記事

好かれる人

思わず近づきたくなる!みんなから好かれる人の14個の特徴

学校でも職場でも、みんなから好かれる人っていますよね。 好かれる人の周囲にはいつも誰かがいて、ピースフルな雰囲気が漂っています。 そんな誰からも好かれる人には、他の人が近づきたくなる特徴がいくつもある …

「罪を憎んで人を憎まず」な世界になればいい

「罪を憎んで人を憎まず」とは 「罪を憎んで人を憎まず」とは、読んで字の如く、人が何か罪を犯したとき、その人を憎むのではなく罪そのものを憎もうという意味の格言です。 孔子が言ったとか、聖書に記述があると …

気分の落ち込みを対処する方法 感動する作品に触れる

気分の落ち込みを人間本来の力で対処する8つの方法

目次睡眠をとる感動する作品に触れるおすすめソング bacho「最高新記憶」運動する休暇をとる何も考えずいつも通り行動する人に会う自然豊かな場所に行く何かに貢献する「嫌われる勇気」著:岸見一郎 / 古賀 …

子供同士のいじめや差別を無くす方法

子供同士のいじめや差別を無くす方法

子供同士のいじめや差別を無くす為には、大人がいじめや差別をやめればいいのです。 インターネットでの誹謗中傷 ヘイトスピーチ 陰湿な陰口 不毛な夫婦喧嘩 他人の愚痴 なんちゃらハラスメント テレビや雑誌 …

休日が鬱になるほど苦しい人へ はてな民から数々の有意義な提案

先日、2017年10月8日、はてなの人気コンテンツであるAnonymousDiary(誰もが匿名で日記を書けるサービス)でこんな記事がエントリーされました。 「休日こわい」 20代後半男。 趣味もない …