草冠(くさかんむり)に鳥と書いて「蔦」の読み方

草冠(くさかんむり)に鳥と書いて「蔦」の読み方

草冠(くさかんむり)に鳥と書いて「蔦」という漢字があります。

■音読み
チョウ

■訓読み
つた

蔦(つた)としての読まれ方が、最も馴染み深いでしょう。

全国に蔦(つた)を使った地名がたくさんあります。

北海道にある中戸蔦(なかとつた)東戸蔦(ひがしとつた)西戸蔦(にしとつた)。

新潟県にある与板町蔦都(よいたまちつたいちぐん)。

愛知県にある蔦元町(つたもとちょう)。

京都府にある北白川蔦町(きたしらかわつたちょう)北白川東蔦町(きたしらかわひがしつたちょう)北白川西蔦町(きたしらかわにしつたちょう)。

また、蔦(つた)や蔦屋(つたや)などの苗字にも使われています。

日本人なら誰でも知っている書店・レンタルショップのTSUTAYAは、創業時の屋号が蔦屋書店でした。

Sponsored Link

カテゴリ - 漢字

関連トピックス

草冠(くさかんむり)に路と書いて「蕗」の読み方

草冠(くさかんむり)に路と書いて「蕗」の読み方

草冠(くさかんむり)に路と書いて「蕗」という漢字があります。 ■音読み ロ ■訓読み ふき 読まれ方としては、蕗(ふき)が最も一般的でしょう。 馴染み深いのは、食用の山菜である蕗(ふき)ですね。 また …

草冠(くさかんむり)に任と書いて「荏」の読み方

草冠(くさかんむり)に任と書いて「荏」の読み方

草冠(くさかんむり)に任と書いて「荏」という漢字があります。 ■音読み ジン / ニン ■訓読み え / やわ(らか) と読みます。 荏を含む言葉で馴染みが多いのは、荏原(えばら)という地名でしょう。 …

萩と荻の違いと読む時の覚え方3つ

萩と荻。 とても似たこの2つの漢字ですが読み方が違います。 萩(はぎ)荻(おぎ)と読みます。 困ったことにこの二つの漢字は、30万種類ほどあると言われている(諸説あり)日本人の名字の中で結構メジャーな …

草冠(くさかんむり)に無と書いて「蕪」の読み方

草冠(くさかんむり)に無と書いて「蕪」の読み方

草冠(くさかんむり)に無と書いて「蕪」という漢字があります。 ■音読み ブ / ム ■訓読み あ(れる) / しげ(る) / みだ(れる) / かぶら / かぶ 最も馴染み深いのは食材としての蕪(かぶ …

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」の読み方

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」の読み方

草冠(くさかんむり)に戸と書いて「芦」という漢字があります。 ■音読み ロ ■訓読み あし / よし 芦(アシまたはヨシ)は、イネ科ヨシ属の多年草です。 読まれ方としては芦(あし)が最も一般的でしょう …