Yahooの検索順位がGoogleとほぼ同じだけど微妙に違う理由

Yahooの自然検索順位がGoogleとほぼ同じ理由

Yahoo!JAPANの自然検索順位、つまりリスティング広告や差し込まれた自社サービス(Yahoo!知恵袋など)を除いた検索結果はGoogleとほぼ同じです。

その理由は、2010年以降、Yahoo!JAPANがGoogleの検索エンジンをお金を出して搭載しているからです。

それまでは、YahooはYahooの検索エンジン、GoogleはGoogleの検索エンジンとそれぞれ独立していました。

そして、検索の精度は圧倒的にGoogleが上回っていました。

2010年以前から「ググる」という言葉が一般的になっていた様に、何かの情報を調べる際にはGoogleで検索することが最適でした。

この状態が続けば、Yahoo!JAPANは検索の分野で廃れてしまい、検索以外のサービスも見放されてしまう危機に陥りました。

そこでお金を出して、精度の高いGoogleの検索エンジンを搭載したのです。

YahooとGoogleの自然検索順位が微妙に違う理由

同じ検索エンジンを使っているとは言え、いつ何時も自然検索順位が全く同じわけではありません。

これは検索アルゴリズム更新の時差や、パーソナライズ(個々のユーザーに合わせた検索)やローカライズ(場所によって検索順位を変える)の影響とも言われています。

Sponsored Link

YahooとGoogleでは自然検索順位以外は大きく違う

ご存知の様に、YahooとGoogleでは自然検索順位以外は大きく違います。

GoogleにはGoogleのリスティング広告やマップが、YahooにはYahooのリスティング広告、そしてYahoo!ニュースやYahoo!知恵袋などの自社サービスへの導線が設置されています。

日本でのSEOはGoogleを攻略するのみ

YahooとGoogleの検索流入

こちらの画像は、当サイトへの検索エンジンからのアクセスです。

GoogleとYahooのみで97%ほどを占めています。

アメリカでは有名なMicrosoftのBingも、わずか1%ほどです。

つまり、日本でSEOを施すということは、Googleのみを攻略するすればいいという事になります。

私は2010年以前からSEOに携わる仕事をしていたのですが、ハッキリ言ってしまうとYahooの攻略はとても簡単で、Googleの攻略はとても難しかったです。

そんな中、YahooがGoogleの検索エンジンを搭載するニュースは発表した時は、関係者の間では大騒ぎになりました。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

2018/04/11

関連トピックス

優れたコンテンツマーケティングを行っている企業サイト7つの成功事例

コンテンツマーケティングとは コンテンツマーケティングとは、自社サイトの中にブログカテゴリなどを設け、コンテンツを発信し、検索流入の増加やソーシャルメディアなどでのバズ(拡散)を狙うマーケティング手法 …

Google XML Sitemapsで検索エンジン向けサイトマップを自動生成【WordPressプラグイン】

Googleは、ユーザー向けと検索エンジン向けに2つのサイトマップを用意する事を公式に推奨しています。 Googleが配布する検索エンジン最適化スターターガイドにハッキリと記述されいます。 検索エンジ …

メールフォームを設置できるWordPressプラグイン2

メールフォームを簡単設置できるWordPressプラグイン【ContactForm7】

サイトを運営するなら、お問い合わせメールフォームなどの管理者と連絡が取れる窓口の設置が必須です。 メールフォームを設置しないと、ビジネスパートナーとの出会いなどの機会を損失してしまいます。 時にはあり …

さくらサーバーのWordPress 無料常時SSL化が簡単すぎて感動!

2017年10月17日、さくらのレンタルサーバーで、無料SSL証明書が設定可能になりました。 →プレスリリース さくらのレンタルサーバーで無料SSL証明書が設定可能に! レンタルサーバーで無料SSLが …

AllInOneSEOPack導入の意義と使い方【WwordPressプラグイン】

All In One SEO Pack導入の意義と使い方【WordPressプラグイン】

その名の通り、SEO施策の全てがひとつにパッケージされたプラグイン… ってのはちょっと言い過ぎだと思いますが、All In One SEO Packを導入することで様々な内部SEOが施せる便利なプラグ …