草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」の読み方

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」の読み方

草冠(くさかんむり)に可と書いて「苛」という漢字があります。

■音読み

■訓読み
いら(だつ) / さいな(まれる) / わずら(わしい) / いじ(める) / から(い) / きび(しい) / むご(い)

最も馴染み深い使われ方は、苛々(いらいら)や苛立つ(いらだつ)でしょう。

また、苦しめられるという意味の苛まれる(さいなまれる)も一般的によく使われています。

あまり良くない意味の漢字である事から、地名や人名にはほとんど使われていません。

福島県にある苛窪山(いらくぼやま)という山、新潟県にある苛島(いらじま)という地名など僅かです。

なぜ、苛立ちや苦しみと言った感情を表す漢字に草冠が採用されているのか…?

その理由は、昔は草木のトゲの事をイラと呼んだことに由来します。

そのイラという言葉が漢字になる中で、感情の意味を当てはめたとされています。

Sponsored Link

カテゴリ - 漢字

関連トピックス

草冠(くさかんむり)に名と書いて「茗」の読み方

草冠(くさかんむり)に名と書いて「茗」の読み方

草冠(くさかんむり)に名と書いて「茗」という漢字があります。 ■音読み ミョウ / メイ ■訓読み ちゃ / よ(う) 茗を含む言葉で馴染みが多いのは、食材の茗荷(みょうが)でしょう。 東京にある茗荷 …

草冠(くさかんむり)に方と書いて「芳」の読み方

草冠(くさかんむり)に方と書いて「芳」の読み方

草冠(くさかんむり)に方と書いて「芳」という漢字があります。 ■音読み ホウ ■訓読み かんば(しい) / かお(り) / かぐわ(しい) 芳(かんば)しい、あるいは芳(かぐわ)しいなどは、現代日本人 …

萩と荻の違いと読む時の覚え方3つ

萩と荻。 とても似たこの2つの漢字ですが読み方が違います。 萩(はぎ)荻(おぎ)と読みます。 困ったことにこの二つの漢字は、30万種類ほどあると言われている(諸説あり)日本人の名字の中で結構メジャーな …

草冠(くさかんむり)に夫と書いて「芙」の読み方

草冠(くさかんむり)に夫と書いて「芙」の読み方

草冠(くさかんむり)に夫と書いて「芙」という漢字があります。 ■音読み フ ■訓読み はす 芙という漢字を見かけるケースとして多いのは名前(ファーストネーム)でしょう。 芙美(ふみ)や芙優(ふゆ)など …

草冠(くさかんむり)に時と書いて「蒔」の読み方

草冠(くさかんむり)に時と書いて「蒔」の読み方

草冠(くさかんむり)に時と書いて「蒔」という漢字があります。 ■音読み シ / ジ ■訓読み う(える) / ま(く) 蒔く(まく)としての読まれ方が、最も馴染み深いでしょう。 地名・苗字などで、蒔く …