人間の悪意と罪を考えさせられる映画「悪人」の感想やあらすじ

映画「悪人」

「悪人」の概要

悪人とは、2010年に公開された日本の映画です。

原作は吉田修一の小説「悪人」、監督は李相日、主演は妻夫木聡です。

「悪人」のあらすじ

鬱屈した日々を過ごす主人公の祐一は、ある事がきっかけで人を殺してしまいます。

祐一は出会い系サイトで知り合った別の女性である光代と逃避行をします。

光代との心の交流を深める中で、祐一の罪悪感はどんどん募っていきます。

祐一は確かに「罪」を犯した、しかし本当に彼だけが「悪」なのか…

Sponsored Link

「悪人」の世間の評価

  • 日本アカデミー賞 / 最優秀主演男優賞・最優秀主演女優賞・最優秀助演男優賞・最優秀助演女優賞・最優秀音楽賞
  • モントリオール世界映画祭 / 最優秀女優賞
  • キネマ旬報ベスト・テン / 日本映画1位・日本映画監督賞・日本映画脚本賞・助演男優賞
  • ブルーリボン賞 / 主演男優賞
  • 山路ふみ子映画賞 / 映画賞&新人女優賞
  • 日刊スポーツ映画大賞 / 作品賞 主演男優賞主演女優賞
  • 報知映画賞 / 作品賞・主演女優賞・助演男優賞
  • 毎日映画コンクール / 日本映画大賞

「悪人」の感想

悪人はサスペンス映画としても見ごたえがあるのですが、「悪意」と「罪」に関して鋭い問題提起をしている素晴らしい映画だと思います。

主人公の祐一は、確かに取り返しのつかない殺人の罪を犯しました。

しかし祐一だけが悪なのでしょうか。

映画の終盤に、もう一人の主人公とも言える光代がつぶやくように問いかけます。

「あの人は、本当に悪人なんですかねぇ…」

映画「悪人」の主人公

祐一は不幸な育ちがあった。

殺された佳乃も、ある意味では祐一の心を殺した。

その佳乃にも、すれた性格になってしまう様な閉塞的な環境があった。

登場人物ひとりひとりの、その人の背景が見える様な描き方が秀逸なので、本当の「悪意」の出どころを観る者は考えざるを得ません。

例えば、戦争という人間の愚かな営みを考えてみます。

誰もしたくないはずなのに、人類は未だに克服できていません。

その悪意の出どころはどこなのでしょう。

意思決定をする政治家には、自分の国を守るという大義名分があります。

それを支える軍事産業の従事者や兵士には、自分や家族が生きていくためという大義名分があります。

自分がどれだけ傷つけられ、奪われて、損をする事になって、やり返さない人間(悪意のバトンを渡さない人間)がいるでしょうか。

スケールは小さくなりますが、ブラック企業という問題を観察してもそうです。

ブラック企業なんてなくなればいいと思いながら、コストパフォーマンスだけを考え、私たちはブラック企業が潤う様な消費活動をしてませんでしょうか。

人間はみんな自分がいちばん可愛い生き物です。

私たちは無意識のうちに、悪意を生む、あるいは拡散させる一端を担ってしまってはいないでしょうか。

私は「悪人」という映画から、そんなメッセージを受け取りました。

Sponsored Link

カテゴリ - 映画

2018/02/19

関連トピックス

おすすめサスペンス映画「羊たちの沈黙」

極上の緊張感と衝撃のオチを併せ持つサスペンス映画おすすめ15傑作

サスペンス映画とは、観る者の緊張感を煽ることを狙いにしている映画のジャンルです。 サスペンスという言葉の語源は人の心を宙吊りにするという意味で、ズボンのサスペンダーと同じ語源です。 スリラー映画やミス …

河童のクゥと夏休み2

泣けるアニメ映画「河童のクゥと夏休み」のあらすじや感想

目次「河童のクゥと夏休み」の概要「河童のクゥと夏休み」のあらすじ「河童のクゥと夏休み」の世間的な評価「河童のクゥと夏休み」の感想表現が豊か観る者に向けたメッセージ泣けた 「河童のクゥと夏休み」の概要 …

考えさせられる映画「クラッシュ」

考えさせられる映画8選

あなたが映画に求めるものは何でしょうか。 「映像クオリティ」「面白いストーリー」「衝撃的なオチ」「ハラハラドキドキ」「好きな役者」…etc 観る人によって様々だと思いますが、私が映画を観る際に特に期待 …

into the wild2

真理を求めた男の生涯 映画「Into the Wild」の感想やあらすじ等

目次Into the Wildの概要音楽が素晴らしいInto the WildのあらすじInto the Wildの世間的な評価Into the Wildの感想珠玉の金言が溢れた映画クリストファーに否 …

映画「ゆれる」の猛

香川照之が凄い!映画「ゆれる」の感想やあらすじ

目次「ゆれる」の概要「ゆれる」のあらすじ「ゆれる」の感想兄弟愛 「ゆれる」の概要 「ゆれる」とは、2006年に公開された日本映画です。 西川美和が監督・脚本・原案まで務めました。 キャストは、オダギリ …