信じる事の難しさと大切さを描いた映画「怒り」の感想やあらすじ

映画「怒り」

※核心に迫るほどのネタバレはしていません。

「怒り」の概要

映画「怒り」とは、2016年に公開された日本の映画です。

監督・脚本は李相日、原作は吉田修一。

この2人のタッグは、2010年に公開され各方面から高い評価を得、セールス的にも成功した映画「悪人」と同じという点でも注目を集めました。

また、渡辺謙 / 妻夫木聡 / 宮崎あおい / 綾野剛 / 森山未來 / 広瀬すず / 松山ケンイチ / ピエール瀧 / 池脇千鶴などの超豪華なキャスティングも、世間から大きな関心を集めました。

さらに、音楽は坂本龍一です。

後述しますが、坂本龍一の音楽が映画の完成度を高め、表現を豊かにしています。

Sponsored Link

「怒り」のあらすじ

八王子郊外で若い夫婦が自宅で惨殺され犯人が逃走するシーンから映画は始まります。

1年後、房総(千葉)・東京・沖縄に身元不明の3人の男がそれぞれ現れ、次第に周囲に受け入れられ、それなりの人間関係が作られていきます。

ある日、警察が八王子事件の犯人の整形手術後のモンタージュ写真をテレビ番組で公表したのをきっかけに、それぞれの人間関係が揺らぎはじめます。

「怒り」の世間の評価

怒りが公開された2016年と言えば、近年稀にみる日本映画の豊作の年でした。

「この世界の片隅に」「シン・ゴジラ」「君の名は」「淵に立つ」「永い言い訳」「クリーピー」「リップヴァンウィンクルの花嫁」などの傑作が並ぶ中で多くの映画賞を受賞しました。

  • 日本アカデミー賞 / 最優秀助演男優賞を含む合計で13の受賞
  • キネマ旬報ベストテン / 日本映画10位
  • 山路ふみ子映画賞 / 映画賞・女優賞
  • 報知映画賞 / 監督賞・助演男優賞
  • 日刊スポーツ映画大賞 / 助演男優賞・助演女優賞
  • 東京スポーツ映画大賞 / 助演男優賞

「怒り」の感想

映画「怒り」の宮崎あおい

俳優の演技、音楽、サスペンス映画としての巧妙なストーリー、強いメッセージ性。

色んな面で実にクオリティの高い映画です。

ただ豪華なキャスティングをしただけでなく、ひとりひとりがその登場人物を見事に演じきっていました。

また、サスペンス映画としても優れていて、私は犯人が明らかになるまで全く分かりませんでした。

そして、この映画が投げかける重要なメッセージ、それは「人間が人間を信じることの大切さと難しさ」だと思います。

この映画は人間の信じる心と疑う心の葛藤が巧みに描かれています。

それぞれのシーンに坂本龍一のエモーショナルな音楽がはまり、強く感情を揺さぶられ、何度も泣いてしまいました。

勇気を出して信じてみようとする人間、弱さ故に疑ってしまう人間、疑ってしまったが故に愛を失い崩れ落ちる人間…

現代の日本には「絶望したくないから希望を持たない」という風潮が強まっている様に思います。

傷つかない為には、はじめから信じなければいいのですから。

しかし、それが本当に人間らしい生き方なのでしょうか。

私もいつしか、傷つかない様に「信じない」という武装してしまっていると思います。

私は「怒り」から、そんな大切なメッセージを受け取りました。

Sponsored Link

カテゴリ - 映画

2018/09/24

関連トピックス

おすすめサスペンス映画「羊たちの沈黙」

極上の緊張感と衝撃のオチを併せ持つサスペンス映画おすすめ15傑作

サスペンス映画とは、観る者の緊張感を煽ることを狙いにしている映画のジャンルです。 サスペンスという言葉の語源は人の心を宙吊りにするという意味で、ズボンのサスペンダーと同じ語源です。 スリラー映画やミス …

韓国映画のおすすめ「クライング・フィスト」

韓国映画おすすめ22選

韓国映画、とても面白いです。 ここ10年くらいで言えば、名実ともにアジアナンバーワンだと思います。 作品でも俳優でも、それぞれが世界的に高い評価を受けています。 作り手や俳優が育つ環境が恵まれていて、 …

映画「ゆれる」の猛

香川照之が凄い!映画「ゆれる」の感想やあらすじ

「ゆれる」の概要 「ゆれる」とは、2006年に公開された日本映画です。 西川美和が監督・脚本・原案まで務めました。 キャストは、オダギリジョー・香川照之・真木よう子などです。 公開後、世間から高い評価 …

博愛の映画「LION」

博愛とは その精神と実践を映画「LION 25年目のただいま」から学ぶ

博愛とは 博愛(はくあい)とは、全ての人を平等に愛すること指す言葉で平等愛とも言われます。 「人種や宗教、習わしなどの違いをこえて、全人類が平等に協力すべきである」という博愛主義なんて思想もあります。 …

永い言い訳3

他人あっての人生。映画「永い言い訳」のあらすじと感想

「永い言い訳」の概要 映画「永い言い訳」とは、2016年に公開された日本映画です。 監督・脚本とにも西川美和、同名小説である原作も西川美和です。 主演は本木雅弘です。 受賞は、キネマ旬報ベスト・テンの …