天職の探し方をSWITCHインタビュー松本明慶と林要の回から学ぶ

先日、再放送されていたSWITCHインタビューの松本明慶と林要の回がまさに神回だったので感想を書きたいと思います。

SWITCHインタビューはほとんど視聴している私ですが、この2人ほどグル—ヴ感が出ている回はなかなかありません。

収録が終わっても2人で話し込んでいたそうです。

あの有名なロボットPepperを作った林要が、仏師である松本明慶に会いたいと実現した対談。

私が特に印象的だったのが、番組の後半です。

創造者としての話を越え、使命・天職の話題になった時です。

天職に対して2人がどの様に考えているのか、2人がどうして天職を見つけられたのか語ります。

Sponsored Link

松本明慶の天職との出会い

天職の探し方 松本明慶

松本明慶は職人町に生まれ、もともと仏師という職業が身近だったそうです。

そして17歳の時、4つ下の弟が亡くなったのを機に300体を超える仏像を夢中で彫ったそうです。

特に母親が傷ついていたらしく、家族を癒したいという思いもあり仏像を彫っていました。

そして19歳の時、野崎宗慶に弟子入りし、すぐに頭角を現し後継者となりました。

プロになったら、家族のため、自分のためだけでは駄目だと言います。

伝統を残す義務もあるし、人々が喜んでくれる、手を合わせてくれる仏像を彫ること。

それが仏を彫るということなのだと。

番組の後半ではこう語ります。

努力したら天命は来る。
天命というのは自分が感じるものではなく、周りから聞こえてきます。
自分が「これが天職」と言ったって、周りが下手糞と思ってたら、それは天職じゃない。
天職というのは、周りが認めること。

この言葉を聞いて、私は「やりたい事とやれる事」という言葉を思い出しました。

天職は「やりたい」だけでは見つからない。

やれる事、つまり、周囲が認めたり、頼られたりすることの中にも天職を探すヒントがあるのではないかと思いました。

林要の天職との出会い

天職の探し方 林要

林要は大手自動車メーカーに空気力学の専門家として勤めていて、業績は右肩上がりだったが、危機感は凄くあった様です。

そんな時、孫正義の主催する次世代のリーダーを育成する学校に行きました。

そして、孫正義から「ロボットをやらないか」と声がかかり、その時、使命だと思った。

ロボットに関しては素人で、ソフトウェアすらまともに書けなかった自分にとっては、リスクが大きすぎるとも思った。

しかし、成功するためではなく使命だとしたら成功も失敗も無いと考え飛び込みました。

努力あるのみ

松本明慶と林要の話から、天職の探し方として見えてくるのは

  • 知識や技術の向上に努めた
  • 学びを得る事や見識を拡げることに貪欲(林要は自動車メーカーにいながら孫正義の学校に行った)
  • 人の役に立つという軸からブレない(松本明慶は相手の為にならない仕事は断ったりもした)
  • 小さなことでも、やるべきことを真剣にやる
  • ワクワクする事に忠実(具体的な言及は無かったが2人の顔がイキイキしている)

ではないでしょうか。

シンプルに、松本明慶が言う「努力してれば」なんだと思います。

天職は、技術や知識が高まり、できる事が増え、見識が拡がっていく中で、努力した結果として掴めるものなのではないでしょうか。

「天から授かる務め」という意味を持つ言葉ですから、何もしていないのに自分の中に急に湧き出るものではないのでしょう。

そして印象的なのが、林要は40歳あたりで天職に出会ったこと、10代から仏師の道を歩んでいる松本明慶でさえ「自分の仕事を天職だと思えたのは35〜6歳」だと言っていたこと。

天職に出会うタイミングや早さは人と比べることでもないし、焦っても仕方が無いことなんだと感じました。

天職とは、使命と言い換えてもいいでしょう。

人間が生きる上で「宇宙で唯一無二のこの私が、この命をどう使うか」というテーマは誰にとっても重要なテーマだと思います。

ヴィクトール・フランクルの名著「夜と霧」で書かれている人生観「なぜ、なんの為に生きるのか」ではなく「この生がこの私に何を求め、期待しているのか」に通じます。

人が天職を探し求め、見つけ、それを使命と捉えて生きることは、世界の平和や発展に大きく影響することだと思います。

本当に素晴らしい対談でした。

Sponsored Link

天職を探したい方にオススメの本

天職は寝て待て〜新しい転職・就活・キャリア論〜

天職は寝て待て

組織開発・人材育成の専門家、山口周によるキャリア論です。

この本は「向いている仕事」「やりたい仕事」というベクトルではなく「世界は自分に何を求めているのか」という逆転の思考を解説しています。

上述した「夜と霧」で書かれている人生観「なぜ、なんの為に生きるのか」ではなく「この生がこの私に何を求め、期待しているのか」に通じる内容でした。

そして、タイトルにある様に「天職を寝て待つ」のだとしたら、どのように待つのかも書かれています。

著者自身が数回の転職を経験していることや、他者のキャリア構築に関わる仕事をしていること、世界の様々な事例を引用しながら解説をする説得力のある内容です。

書き出しは、イエス・キリストが、収税人(当時は最も賎しい職業とされていた)のマタイ(後に12使徒のひとりとなる)を召命する話から始まり、そこらの書籍とは一線を画します。

山口周さんはTwitterもとても有意義で常にウォッチしています。

歯に衣着せぬ言葉で、多くの気づきや学びを与えてくれます。

カテゴリ - NHK

2018/03/16

関連トピックス

ブラタモリ

ブラタモリの魅力と神回

目次ブラタモリとはブラタモリの魅力ブラタモリの神回ブラタモリを見逃してはいけない理由ブラタモリの書籍ブラタモリに対するみんなの感想 ブラタモリとは ブラタモリとは、NHKで放送されている紀行バラエティ …

ドキュメント72時間の神回

ドキュメント72時間の神回

目次ドキュメント72時間とはドキュメント72時間の主題歌と挿入歌ドキュメント72時間の神回ドキュメント72時間ランキング2014年2015年2016年2017年過去のドキュメント72時間を見るならNH …

ファミリーヒストリーの魅力と神回

ファミリーヒストリーの魅力と神回

目次ファミリーヒストリーとは豪華な出演者たち突き抜けた調査力ファミリーヒストリーの神回ファミリーヒストリーの書籍ファミリーヒストリーを見逃してはいけない理由ファミリーヒストリーに対するみんなの感想 フ …

100分de名著スペシャル「100分deメディア論」やっぱり凄かった

2018年3月17日23時より、100分de名著のスペシャル番組「100分deメディア論」が放送されました。 これまでの100分de名著のスペシャル「幸福論」「日本人論」「平和論」「手塚治虫」に続き、 …

民放とは格が違う!NHKのおすすめ番組10選

日本の地上波のテレビでは、NHKのコンテンツがダントツで面白いと思います。 民放のテレビの番組でも中には面白いものもあるのですが、とても数が少ないし、長続きしないです。 これはNHKと他の民放のビジネ …