サラリーマンに向いてない人にこそ知ってほしいサラリーマン川柳

サラリーマンに向いてない人

2018年もサラリーマン川柳が公開されましたね。

サラリーマン川柳とは、第一生命が30年以上も継続している企画で、現役のサラリーマンたちがその悲哀を川柳で詠んだものです。

共感を集めた川柳は優秀作品として選ばれるのですが、今回もかなりパンチの効いたものがありますね。

相変わらず日本のサラリーマンは平和だなぁとホッコリしますよね。

ブログ見て 部下の本音を 家で知る
飲み会で 上司の隣 ゆずりあう
「言っただろ!」 聞いてないけど 「すみません」
上司にも 部下にも言えない 「ちがうだろ」
効率化 進めて気づく 俺が無駄

出典:サラリーマン川柳

サラリーマンに向いてない方が正常

どうですか。

サラリーマンって今も昔もこんな感じなんです。

日本の企業の多くで、この川柳の様な光景がリアルに繰り広げられているのです。

それは、組織運営だったり、指揮系統があるために仕方が無いことなのですが、客観的に見て非生産的な習わしがたくさんあります。

それが日本でサラリーマンをやるということなのです。

そんなサラリーマンに向いてないことは、ある意味で正常とも言えます。

少し過激な言い方かも知れませんが、人生が退屈な人たちが大して価値もない仕事をダラダラやっているケースも少なくありません。

ホリエモンこと堀江貴文さんが「99%の会社はいらない」という過激なタイトルの書籍を出していますが、言い得て妙だと思います。

  • メールで済むことをわざわざ電話する
  • 常態化した中身の無い会議
  • 足の引っ張り合い

などなど、日本の会社には、本当に無駄が多いのです。

また、インターネットビジネスのインフルエンサーであるイケダハヤト氏も同様の指摘をしています。

私自身もサラリーマンだからよく分かります。

もし世が世なら、例えば戦国時代なら、真っ先に淘汰されてるんじゃないかと思います。

Sponsored Link

サラリーマンに向いてないとか考えなくていい

さて、それで何が言いたいかと言うと、サラリーマンに向いてるとか向いてないとかそんな事を真面目に考えなくていいんです。

もう日本は、サラリーマン川柳なんかで笑ってる場合じゃないですよ。

サラリーマンとしての自分に思考や時間やお金、つまり自分の大切な資源を使っちゃうと、人生がどんどん貧しくなってしまいます。

もっと他の、自分の人生を豊かにしてくれる事に資源を割きましょう。

例えば副業。

2017年は副業解禁元年、2018年副業元年、いよいよ企業側も労働者側も鼻の効く人たちはアクションを起こし始めています。

副業では自分が事業の主になれたり、好きな事を選んでできます。

サラリーマンなんて誰にでもできるんだから、そんな場所は適当にやり過ごして、自分の大切な資源は全部ほかの事に使えば良いのです。

サラリーマンに向いてるとか向いてないとか、そんな不毛な葛藤に苛まれる必要はありません。

他にも、家庭や交友に資源を割くのも人生を豊かにさせるひとつでしょう。

アルフレッド・アドラーは、調和のとれた豊かな人生には、仕事のタスクと同じくらい交友や愛のタスクが必要だと言います。

サラリーマンをやりながら趣味を極めたり、夢を追うのだっていいでしょう。

とにかく、サラリーマンに向いてるとか向いてないとかそんな事を真面目に考えるのはやめましょう。

Sponsored Link

カテゴリ - 社会

2018/02/28

関連トピックス

適職診断の本「キャリア・アンカー」

適職診断は「キャリア・アンカー」という専門の本でとことんやる!

「自分は現在、適職をやれている」 そう断言できる人がどれだけいるのでしょうか。 ちなみに、Googleで「適職 診断」というキーワードを検索する人はとても多いです。(3万越えのビッグワード) いま自分 …

世界を良くする為に今この瞬間からできる事

誰にでも、世界を良くする為に今この瞬間からできる事があります。 それは「この人、この団体がもっと拡大して影響力を持つようになれば、世界が良くなるだろうな…」と思う対象にあなたの資源を与えればいいのです …

フラリーマン

フラリーマンとは?彼らはなぜ帰宅しないのか?

目次フラリーマンとはなぜ帰宅しないのかフラリーマンを持つ家族が考えるべきことフラリーマンが出没する場所フラリーマンの時間の潰し方フラリーマンに対するみんなの感想 フラリーマンとは フラリーマンとは、仕 …

キレる場所

電車でキレる人の特徴と暴言や暴力を回避する方法

大手の民間鉄道会社による一般社団法人「日本民営鉄道協会」では、毎年「係員に対する暴力行為の件数・発生状況」を報告してくれています。 その内容から電車でキレる人の特徴や発生状況を把握し、暴言や暴力に備え …

副業元年

2018年は副業元年!兼業解禁の流れから行動を起こす人が続出!

2018年は副業元年と言われ、副業や兼業を始める動きが活発になると予想されてています。 「終身雇用」という言葉が完全に死んだ現在、ひとつの会社に骨を埋めるなんて考えは過去のものとなりました。 2017 …