「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

インターネットを使って何か調べる時、検索エンジンを使いますよね。

その際、日本人ならGoogleかYahoo!JAPANを使うのが一般的だと思います。

実際に、このサイトに検索エンジン経由で訪れるユーザーの97%がGoogleかYahoo!JAPANです。

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

内訳は、Google約68パーセントと群を抜いていますが、Yahoo!JAPANも約29パーセントあります。

3番目に多いドコモのポータルサイトdメニューが約2パーセントですから、日本の検索エンジンのシェアのほとんどがGoogleとYahoo!JAPANであることが分かります。

それではどうして「ググる」という言葉が一般的なのに対して「ヤフる」という言葉は使われないのでしょうか。

それにはれっきとした理由があるのです。

Sponsored Link

「ググる」の誕生

日本にインターネットが普及したころから、Yahoo!JAPANはポータルサイトとして非常に有名なサイトでした。

Yahoo!JAPAN独自のサービスも充実していましたし、他のサービスへのハブサイト、ニュースサイトとしても機能していました。

もちろん、検索エンジンとしてもです。

しかし、そんな折、日本人にもGoogleが認知される様になりました。

Googleはとても優れたアルゴリズムを持っており、何かを調べる際にYahoo!JAPANとは比べ物にならないほど、満足度の高い検索結果を示してくれました。

Googleが検索エンジンとしての日本人に高く評価されはじめ、インターネットで何かを調べる時はGoogleを使うという慣習が生まれました。

ここではじめて「ググる」という言葉が生まれました。

Yahoo!JAPANを使って「ググる」

Googleの検索エンジンとしての質がYahoo!JAPANを圧倒しているなら、なぜ現在もYahoo!JAPANで検索している人がいるのでしょうか?

その理由は、2010年以降、Yahoo!JAPANがGoogleの検索エンジンをお金を出して搭載し、Googleと同じ検索結果を出せる様になったからです。

どれだけ独自サービスが優れていても、検索エンジンの質が低ければユーザーが離れていってしまいます。

そこでYahoo!JAPANは、お金を出してGoogleの検索エンジンを搭載することを決定したのです。

つまり、いま現在Yahoo!JAPANを使って検索しても、使っているのはGoogleの検索エンジンという事になります。

Yahoo!JAPANで検索しているのに、実際はググっている…

そんな状況で「ヤフる」なんて言葉が生まれるはずもありませんよね。

それが「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由なのです。

Sponsored Link

カテゴリ - SEO・ウェブマーケティング

関連トピックス

Amazonは買ってない人もレビューできる

Amazonが買ってない人もレビューを書ける仕様にしている理由はSEO

Amazonは、その商品をAmazonで買ってない人でもレビューが書けるシステムを採用しています。 「Amazonで購入したユーザーしかレビューを書けない様にしてほしい」という声があるにも関わらず、仕 …

Googleの検索順位が毎日変動する理由【SEO】

Googleの検索順位が毎日変動する理由を説明する前に、まずは検索エンジンの仕組みについてザックリと説明します。 目次検索エンジンの仕組みGoogleの検索順位が毎日変動する理由格付け以外の理由で変動 …

AllInOneSEOPack導入の意義と使い方【WwordPressプラグイン】

All In One SEO Pack導入の意義と使い方【WordPressプラグイン】

その名の通り、SEO施策の全てがひとつにパッケージされたプラグイン… ってのはちょっと言い過ぎだと思いますが、All In One SEO Packを導入することで様々な内部SEOが施せる便利なプラグ …

「ググる」があるのに「ヤフる」がない理由

Yahooの検索順位がGoogleとほぼ同じだけど微妙に違う理由

目次Yahooの自然検索順位がGoogleとほぼ同じ理由YahooとGoogleの自然検索順位が微妙に違う理由YahooとGoogleでは自然検索順位以外は大きく違う日本でのSEOはGoogleを攻略 …

Googleにインデックスされない時の対処法【SEO】

ウェブサイトのSEOをする際、そもそもGoogleにインデックス(認識)されないと始まりません。 Googleという巨大な図書館に自分の本(ウェブページ)が無ければ、利用者は見つける術がありません。 …