電車でキレる人の特徴と暴言や暴力を回避する方法

大手の民間鉄道会社による一般社団法人「日本民営鉄道協会」では、毎年「係員に対する暴力行為の件数・発生状況」を報告してくれています。

その内容から電車でキレる人の特徴や発生状況を把握し、暴言や暴力に備えたり回避することが可能です。

データは首都圏・近畿圏・中京圏の大手16社(東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・東京メトロ・相鉄・名鉄・近鉄・南海・京阪・阪急・阪神・西鉄)に基づくものです。

出典:鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況について 平成29年度

電車でキレる人は少しずつ減少

電車でキレる人は減少

電車でキレる人は、近年では2003年(平成15年)に前年から大きく増え、2008年(平成20年)にはピークをむかえました。

それから8年ほどピーク時と同水準の暴力行為発生が続きましたが、2016年(平成28年)には目立った減少があり、2017年(平成29年)にはさらに減りました。

Sponsored Link

曜日別 暴力行為発生件数

曜日別の電車でキレる人の数

曜日 発生件数 順位
月曜日 71 6位
火曜日 59 7位
水曜日 82 5位
木曜日 83 4位
金曜日 114 1位
土曜日 90 2位
日曜日 89 3位

※2015~17年(平成27~29年)

時間帯別 暴力行為発生件数

時間帯別の電車でキレる人の数

深夜(22時~終電)は他の時間帯よりも計測対象時間が短い(終電は遅くとも25時前後)にも関わらず、暴力件数が突出しています。

時間帯 発生件数
朝(始発~9時) 73
日中(9時~17時) 118
夜(17時~22時) 152
深夜(22時~終電) 242

※2015~17年(平成27~29年)

場所別 暴力行為発生件数と割合

キレる場所

このデータは、あくまでも係員を対象とした暴力行為の資料なので「改札が最多」となっていますが、暴言を吐いたり、暴力を振るうキレる人の発生場所としては車内やホームの方が多い感覚があります。

発生場所 件数 割合
改札 63 36%
ホーム 60 35%
車内 25 14%
その他 14 8%
通路 7 4%
階段 5 3%

※2017年(平成29年)

契機別 暴力行為発生件数と割合

電車でキレる契機

契機 件数 割合
理由なく突然に 66 38%
その他 46 26%
酩酊者に近づいて 28 16%
迷惑行為を注意して 26 15%
けんかの仲裁 8 5%

※2017年(平成29年)

年齢別 暴力行為発生件数と割合

電車でキレる人の年代

人生経験を積んでいるはずの40~60代で合わせて57%を占めているのが、なんとも残念な気持ちになりますね。

実際に電車やホームでキレるシニアを頻繁に見かけます。

年齢 件数 割合
20代 40 23%
60代 37 21%
40代 34 20%
50代 28 16%
30代 26 15%
不明 5 3%
10代 4 2%

※2017年(平成29年)

暴力行為を働く人の飲酒状況

電車でキレる人の飲酒状況
※2017年(平成29年)

電車でキレる人の特徴と回避法 まとめ

電車でキレる人は酩酊者(お酒に酔っている人)であるという特徴があります。

また、40代以上のシニアが暴力行為に及ぶ危険性も高いです。

従って、電車内やホームでお酒に酔っているオジサンを見たらできるだけ離れましょう。

さらに「迷惑行為への注意」や「喧嘩の仲裁」も暴力の被害を受ける可能性を高めます。

美しく崇高な行動ではありますが「警察や関係者へ通報」というのも賢明な判断と言えるでしょう。

そして、曜日では金・土・日に、時間帯では深夜(22時~終電)や夜(17時~22時)に電車内やホームでキレる人が増えることを覚えておきましょう。

この世界から一切の暴力が無くなる事を心から願っています。

電車でキレる人からの被害に遭わないために

上記のデータで暴力行為が発生する契機で最も多かったのが「理由なく突然に」でした。

恐らくですが、酒に酔い、理性が機能しなくなり、立場の弱い鉄道会社の係員に暴力を振るったのではないでしょうか。

いつ何時、そう言ったキレる人が係員ではなく他の利用者を標的にしてくるか分かりませんので、電車マナーを守るというのも大切な回避法と言えるでしょう。

ちなみに、日本民営鉄道協会は「電車内の迷惑行為ランキング」も毎年公開してくれています。

1位:騒々しい会話・はしゃぎまわり等
2位:座席の座り方
3位:荷物の持ち方・置き方
4位:歩きながらの携帯電話・スマートフォンの操作
5位:乗降時のマナー
6位:ヘッドホンからの音もれ
7位:携帯電話・スマートフォンの着信音や通話
8位:ゴミ・空き缶等の放置
9位:喫煙
9位:酔っ払って乗車する
11位:車内での化粧
12位:電車の床に座る
13位:混雑した車内での飲み食い
14位:混雑した車内で新聞や雑誌・書籍を読む
15位:その他
出典:駅と電車内の迷惑行為ランキング

Sponsored Link

カテゴリ - 社会

関連トピックス

日本に難民申請をする人の国籍別ランキング(2017年)

法務省発表のデータ(平成29年・2017年)をもとにした、日本に難民認定の申請をする人の国籍別ランキングです。 順位 国籍 難民申請者数 1位 フィリピン 4,895 2位 ベトナム 3,116 3位 …

フラリーマン

フラリーマンとは?彼らはなぜ帰宅しないのか?

目次フラリーマンとはなぜ帰宅しないのかフラリーマンを持つ家族が考えるべきことフラリーマンが出没する場所フラリーマンの時間の潰し方フラリーマンに対するみんなの感想 フラリーマンとは フラリーマンとは、仕 …

サラリーマンが副業にブログを選ぶお金以外の5つのメリット

私はサラリーマンをやりながら、副業として当サイトを含めて3つのブログ(情報サイト)を運営しています。 テーマを問わない雑記ブログである当サイトに加えて、テーマが限定された特化ブログを2つ運営しています …

ブーメランの意味

ネットなどでよく使われているブーメランの意味とは?

ここで解説するブーメランは、西城秀樹の名曲「ブーメラン」でも、ハントやスポーツに使われる投げる棍棒のブーメランでもありません。 ネット上などでよく使われる、現象・法則としてのブーメランについて説明しま …

サラリーマンに向いてない人

サラリーマンに向いてない人にこそ知ってほしいサラリーマン川柳

2018年もサラリーマン川柳が公開されましたね。 サラリーマン川柳とは、第一生命が30年以上も継続している企画で、現役のサラリーマンたちがその悲哀を川柳で詠んだものです。 共感を集めた川柳は優秀作品と …